コンテンツへスキップします

転勤や進学等ではじめて仙台・宮城に来る方の生活情報・エリアガイド 〜宮城転勤支援ネットワーク〜

仙台・宮城のQ&A

質問内容(投稿日時:2009/09/20 11:52)

質問者:はんぺん


質問タイトル 小学校の英語教育について
内容 今後、小学校でも英語教育が実施されると聞きました。
ニュースなどでは知っていましたが、いまいち詳細がわかりません。

詳しくご存じの方がいれば教えて頂けますか。

この質問に対する回答は締め切られました。

回答(投稿日時:2009/09/28 14:32)

回答者:HGK


内容 平成23年度から小学校で必修化される「外国語活動」は平成14年7月、文部省によって策定された「英語が使える日本人」のための戦略構想により現在調査活動が行われているが何らかの形で英語活動をほとんどの小学校が実施している状況のようです。

目標は、簡単にいうと英語で会話ができ外国の方とコミュニケーションがとれるようになりましょうということですね。ポイントは大きくわけて2つあります。
1.よく使われる表現:あいさつ、自己紹介、買い物、食事、道案内…
2.身近な暮らしに使われる表現:家庭での生活、学校での学習や活動、地域での行事、子どもの遊び…

コミュニケーション:相手との関係を円滑にする、気持ちを伝える、事実を伝える、考えや意図を伝える、相手の行動を促す…などができるようにする。
5年生時に基本、6年生時には応用とありますが、現在の計画されてる授業時間数は年間35時間。ちなみに国語、算数は各175時間。理科、社会は各105時間。となるので年間35時間程度で上記の内容にどこまで近づけるか…ですね。
詳しくは学習指導要領(文化省)を参考にしてください。
回答へのお礼 この回答にお礼する(質問した方のみ)

Copyright© Soar-BP All Right Reserved.