コンテンツへスキップします

転勤や進学等ではじめて仙台・宮城に来る方の生活情報・エリアガイド 〜宮城転勤支援ネットワーク〜

ライフスタイルから見た仙台・宮城

『子育て世代からみた仙台・宮城(2)』

 仙台市青葉区在住 30代・女性

◆秋田から仙台へ


広瀬川と仙台市街地

仙台に住んで20数年。最初は父親の仕事の都合で秋田から転勤してきました。当時は地下鉄も走っていなければ、郊外に買い物スポットなどもありませんでしたが、秋田からきた私にしてみれば「大きい街」という印象でした。

◆進学〜就職

高校・大学・就職とずっと仙台で過ごしてきました。独身時代には群馬県高崎市と愛知県名古屋市にも転勤という形で住みましたが、ずっと東北(仙台)で過ごしてきたのもありますが、天候や食べ物など総合的にみて『仙台は住みやすい街』と思いましたね。

◆出産〜子育て

そんな私も今は1歳6ヶ月の女の子のママ。
そんな子育て真っ最中!のママ目線で見た「仙台・宮城」をご紹介したいと思います。

◆「産婦人科」の状況・・・

「婦人科」は比較的あると思うのですが出産ができる「産科」「産院」が仙台は少ないかもしれません。私も妊娠がわかった時の病院には「産科」がなかったので、自分で病院を探しそこ宛に紹介状を書いてもらい出産施設のある病院に転院しました。しかし!個室が多い病院、美味しい料理がでる病院、施設がきれいな病院などはもう半年以上予約で満員!!私の場合、なんとか希望する病院に入れましたが…

保育園のママたちとも話をすると、「○○病院はご飯が美味しくなかった」とか「母乳必須だった」とか「布オムツだった」とかいろいろ聞きます。

でもここ最近、郊外に産婦人科ができてきたり、施設を新しくしているところもあったりしているので、口コミサイトなどの情報を上手く使って調べてみてもいいかもしれませんね♪

ちなみに「小児科」などはたくさんあるように思います。
先生との相性や混雑具合などいろいろあると思うので、口コミサイトもですが実際に行ってみて決める〜というのでもよいと思います。
(実際、私も小児科に関しては口コミサイトで読んで行きましたが、今は別なところに行っています)

◆「保育園・幼稚園」の状況・・・

私の場合、産後休暇明けすぐに仕事に復帰するのが既に決まっていたので、出産後すぐに保育園探しを始めました。

1月生まれで探し出したのが2月からだったので、ちょうど4月から入園したい方や転勤してくる方などで競争率の高い時期でしたね。仙台市は「認可保育園の待機児童数の多さ」で有名なのはもちろん知っていました。

生後3ヶ月で預けられるところ(認可保育園はほとんどが生後6ヶ月から)や、私の通勤途中であることが優先条件だったのですが、運よく知り合いから紹介してもらい入園することができました。赤ちゃんの状態で預けだしたので「ならし保育」はなし!入園初日に必要なものを持参し、その日から1日保育園での生活が始まりました。

私の娘が通っているのは青葉区にある「せんだい保育室」認定の保育園。
こじんまりとしていますが、アットホームで和気あいあいとしています。

娘が通う保育園は0〜1歳で保育料は45000〜50000円/月(大きくなれば保育料は安くなっていきます)これにはお昼寝の布団(リース・週1回クリーニング)、ミルク代、おやつ代、お昼代などが入っています。オムツは持ち込み。ミルクは家で飲んでいるのと同じものを飲ませてくれます。もちろん「母乳」のママもいます(冷凍してもちこんだりしているようです)

遊んでいるときのスナップ写真の販売やクリスマス会、お誕生会があります(ほかにもたくさ〜ん!)風邪気味などで投薬(病院処方のものに限る)が必要なときは、指定の用紙を提出すればちゃんと先生が投薬してくれます。

保育園に通っていての楽しみは「帰りのお迎え」と「連絡ノート」です。

仕事で疲れていたり、嫌なことがあってもお迎えに行ったとき走って飛びついてきたり、笑顔で迎えてくれると何とも言えない気持ちになります。また、毎日娘の状況やママのお悩みなどを「連絡ノート」に書いて保育園に持っていき、帰りのノートにはその日の保育園での状況や娘の成長がビッシリと書いてあります。

子どもがいじったり、毎日使っているものなので最後の方になると表紙はボロボロ…でもそれが「成長の証」のように思えます(早いですが嫁入り道具の1つになりますね♪)

◆「子連れでのおでかけおススメスポット」

仙台市中心部だと「三越」の子ども売場はきれいで広い!

特に授乳室・オムツ交換の場所には離乳食用の電子レンジなどもあり、パパ用のイスもゆったりしていておススメです。売場には子どもが座って本が読めるコーナーもあって(なかなか帰らなくて困ります)楽しいです。

また、地階1Fのビュッフェタイプのレストランは豊富なメニューや子どもサイズ(高さ)のイスとテーブルのコーナーがあります(結構カワイイです)正直、洋服などはいいお値段がするのでもっぱら「ウィンドウショッピング」ですが…

郊外だと「仙台・泉アウトレット/タピオ」「仙台港アウトレット」は面白いですね。有名メーカーの洋服や靴なども格安でゲット!することもできます!また娘の洋服は「ベリーズベリー」という仙台本社の子供服専門店が郊外にあるのでよく行きます。サイズが80a〜150a(ものによる)ママサイズもあるので見ていても楽しいです。写真をとってカレンダーにしてくれるサービスなんかもありますよ。

平日は仕事、保育園とあるのでいわゆる「公園デビュー」などとは無縁でした。

しかし休日になると泉区にある「七北田公園」や「勾当台公園」などいって自然と戯れる機会を作るようにしています。意外?と中心部の「グリーンベルト」(定禅寺通り)も遊べますよ。

転勤ママたちに人気なのは「のびすく」かな?仙台市内中心部と泉中央。2009年秋には長町にもできるらしいです。子どもを自由に遊ばせながらママたちの情報交換の場にもなっていると聞いたことがあります。

◆仙台での子育て・・・

子育てするのに仙台がいいかどうかはまだ新米ママにはわかりませんが、今のところ不自由は感じていません。(わからないことがあって区役所を訪ねても親切に教えてもらったこともあります)

また、転勤家族が多いのも特徴なようなのでいろいろなところにお出かけして「ママ友」を作ったり、その場で情報交流をもってもいいのではないでしょうか。参考にしてください。


Copyright© Soar-BP All Right Reserved.